261F救援
2016年8月22日、台風が接近して関東を中心に大雨に見舞われた。

午前11時半頃、西武多摩湖線の武蔵大和~西武遊園地間で沿線の土砂が崩れ、通りがかった列車が脱線した。



当該列車は6560レの261F。現場は武蔵大和から下り方に130mほど進んだところだった。
事故車両は自走不可、乗客を駅まで移動させた後、現場検証、復旧作業が進められた。

架線柱の倒壊や地盤の緩みなどの要因から、復旧まで1か月の見通しが発表された。
付近は西武鉄道の路線が比較的近くに走っていることから、その駅とのバス代行輸送が行われた。

そして、事故から約一週間後の8月28日、次の台風10号が再び関東上陸という不穏なニュースが流れる中、
現場にモーターカー3両が到着、事故車両を廻田信号所まで牽引した。信号所付近は踏切がなく留置に適している。

そして、その夜……


DSC_8416.jpg

8月29日の0時20分、都立公園を進むとモーターカーに連結された261Fと、多数の作業員の方がいました。

なお写真でも分かる通りこの日の天気は生憎の雨。
ザバザバ雨が降る中、左手には傘、右手でレリーズを持ちながらカメラについた水滴を拭き拭き。必死でした。

DSC_8421.jpg

モーターカーのライトに照らされた261F。
長時間露光のためになかなか写っていませんが、本当に多くの方が救援のために現場にいらっしゃいました。

DSC_8431.jpg

0時半、作業員の「それでは出発します」の声と共に発車。いよいよ夜の雨のなか牽引が始まりました。

DSC_8477.jpg

0時58分、萩山駅にモーターカーの光が見えてきました。
モーターカーでの牽引、そして雨の夜ということで、廻田信号所~萩山の2.5kmを約30分かけて丁寧に丁寧に。

ちなみに左にはパンタの上がった263Fが見えますね。
なんの情報もありませんでしたが、これを見て恐らくここからは263Fの牽引で玉川上水に向かうのだろうと推測しました。

DSC_8492.jpg
DSC_8505.jpg

目の前をソロリソロリと通過。

何はともあれ事故現場から脱出させられてよかった。
動いてる261Fを見て、部外者であるにもかかわらず謎の安堵感を覚えていました。

DSC_8535.jpg

駅の反対側に回ると、おそらく10両停止位置に合わせて停車していました。

そして、予想通り263Fが後ろから接近。

DSC_8544.jpg

連結。

この時点ではモーターカーは切り離されていなかったので
←新宿 モーターカー(44+51+50)+261F+263F という11両編成になりました。

DSC_8556.jpg

1時23分、モーターカーは上り方へ、263F+261Fは下り方へ。
とは言うもののそのまま玉川上水に向かったわけではなく、一度西側の留置線に入って2番ホームに入換えたようです。
これは、今まで停車していたホームから拝島方面に出発するための出発信号が無い故の措置でした。

ちなみに261Fは反射板ではなく作業員が懐中電灯を持っての後部標識、連結器にはアダプターがつけられたままでした。

DSC_8580.jpg

2時過ぎの玉川上水、ようやく263F牽引の261Fが姿を現しました。

DSC_8582.jpg

パッと見だと甲種輸送に見えますが、被牽引車の行き先は国分寺。事故当時のままでした。

DSC_8596.jpg

洗浄線で折り返して倉のなかへ。このような場合でもヘッドライトは必要になるようです。
しかしながら、規定で光量は決められていないので、懐中電灯で代用しています。

DSC_8646.jpg

このあと263Fは翌朝の運用に備えて萩山に回送されたようです。
12/29|特集記事コメント(0)この記事に拍手する
Name
Mail
URL
Text

Password
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~