9/9 流鉄甲種
DSC_2400-001.jpg

9/9、流鉄向け車両の甲種輸送がありました。

これまで十数回行われてきた新101系の他社への譲渡ですが、非ワンマン車は今回で最後になります。


DSC_2324.jpg

いつも通り前日終電後に所沢へ回送され、6番線に停車中の輸送車両。

ちなみにもと西武271Fで、流鉄では5000形「なの花」を名乗ることになりそうです。


DSC_2374.jpg

駅北側の踏切より。

多摩川線の車両交換は休日に行われるので、263Fと通勤準急が並ぶのは珍しいのでは無いでしょうか。


DSC_2388.jpg

西武線内を走る甲種輸送を撮影できる区間は少ないです。

私は普段所沢陸橋に行くことが多いですが、今回は上り線と下り線を挟む三線区間にやって来ました。

DSC_2389.jpg

途中の車両まで綺麗になったメトロ10000系が目の前を通過。

洗浄設備が5両分なのでこのようなことが起こるそうですが、なんとなく不自然に思います。


DSC_2400-001.jpg

8:20分ごろ263Fに牽引されてなの花が通過。

前回の流鉄甲種の時刻よりも約1時間早くなっています。


振り返ると…

DSC_2407.jpg

下り列車が接近。危ないところでした。

所沢陸橋が盛況だったようですが、ここだと本線の列車が被るからか、撮影者は私を入れて2人だけでした。

DSC_2442-001.jpg

新秋津の授受線に向かうと、すでに263Fとは切り離されてJRの電気機関車と連結されていました。

なぜか係員の方々が自連の263Fを注目してました。

DSC_2452.jpg

前へ回るとリレーの感じが分かりやすく撮れました。JR線内越谷(タ)まではEF65 2065の牽引。

DSC_2457.jpg

さて、JR線内の撮影できるところはよく分からないのでロケハンしつつ…

南浦和で降りてみました。フェンス越しになりますが、3両ならなんとか入りそうです。

DSC_2464-001_201309101158408b6.jpg

そして通過。広角レンズでF2.8で撮影しましたがやっぱりフェンスがボンヤリ写っちゃいました。


さて、馬橋のJR→流鉄の受け渡す線路が電化されていないため、牽引機をディーゼルに交換する必要があります。
その間に追い抜いて甲種に先行して新三郷へ。ダイヤ情報だと70分以上停車することになっていましたが…

DSC_2473_20130910120820ec4.jpg

時変がかかっていたようで20分ほど早く通過。

DSC_2497.jpg

新三郷の通過は早まっていましたが、馬橋までの間に時間調整をする可能性にかけていましたが馬橋に着くとこの状態。

どうやら流鉄線内の牽引は「流星」編成。西武でいうと元275Fです。

DSC_2514.jpg

DE10が少し押した後、流星が接近して連結。

新秋津のように、ここまでの牽引車とここからの牽引車が輸送車両を挟む形になりました。

DSC_2542.jpg

流星の牽引でホームに据え付け。発車まで1時間程度あったのでパンタが降ろされました。

s-DSC_2552.jpg

時間があったので運転席を覗くと…まだ残っていました。


流鉄線内4両編成+太陽が出てるということで、小金城趾~鰭ヶ崎の直線へ。

DSC_2561.jpg

ただ思っていたより雑草が多く…どう処理をするか悩みました。

DSC_2563.jpg

開き直ってこう…とか。

DSC_2570-001.jpg

結局こんな感じで。前照灯が目立たなかったので思い切って後打ちでも良かったかな…

DSC_2588.jpg

後続列車で追いかけると、すでに「若葉」による入換が終わったところでした。



成果はどうだろうと、流山まで追っかけられたので満足です。
運転開始は年末ということで、その前の試運転もチャンスがあれば撮りに行きます。


ご覧いただきありがとうございました。
09/10|特集記事コメント(1)この記事に拍手する
元西武鉄道で流鉄に行った、N101系(271F、273F、275F、277F、287F)がもう懐かしく感じます。いつから運用に入るのか気になりますね。
From: 通勤準急 入間市 * 2013/09/11 19:49 * URL * [Edit] *  top
Name
Mail
URL
Text

Password
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~