富山地鉄 朝の儀式
富山地鉄の16010形、休み明けに行われる3両→2両の作業のレポートです。

CSC_7750-1.jpg


08:40頃の稲荷町。ちょうど営業列車と留置のレッドアローが並びました。
今回の主役は右奥にとまっているアルプスエキスプレス。3両編成で停車中。


s-13.jpg


作業を写真だけで伝えるのは難しいのでイラストにしてみました。
赤がアルプスエキスプレス、黄帯が入ってるのが中間車。青は牽引車です。


CSC_7751.jpg

カメラを振ると本線上では雷鳥色の14760形との並び。5月には鉄コレで発売されるようです。


CSC_7766-1.jpg

ホームに上がりました。アルプスエキスプレスが一枚目と状態が変わっているのが分かるでしょうか。

CSC_7767.jpg

アップで。連結器カバーが外されています。
富山地鉄は雪国を走っているので、連結器が見えてるのはこのときくらいのレアな姿です。

1.jpg



CSC_8829-1.jpg

9時過ぎ、15分前に電鉄富山行きで見た14761が到着
2.jpg


CSC_8830-1.jpg

そのままアルプスエキスプレスの前へ

CSC_8831-1.jpg

そして係員の指示のもと連結。到着してから約5分

3.jpg

CSC_8833-1.jpg

引き出し

CSC_8834-1.jpg

後ろを見ると尻切れトンボ

4.jpg

CSC_8835.jpg



CSC_8836-1.jpg

ポイントを転換して隣りの番線へ

CSC_8837-1.jpg

停止位置で停車
5.jpg

CSC_8838-1.jpg

庫内はこんな感じ


CSC_8839-1.jpg

また切り離して今度は先頭車のみ引き出し

CSC_8840.jpg

後ろを京阪カラーが通過

CSC_8841.jpg
6.jpg

CSC_8842.jpg

いざ2両編成へ

7.jpg
連結。一時的に14760形と16010形の2+2状態。映画Railways2でこんな編成が走るシーンがあったようですね。

CSC_8843-1.jpg

役目も終わって牽引車移動

8.jpg
9.jpg
CSC_8844.jpg

一旦隣に入庫。このあとアルプスエキスプレスに連結器カバーが取り付けられました。

CSC_8845.jpg

09:40、2両編成で試運転。全作業30分強で完了しました。

・・・

実際に見ていると非常に楽しい入換でした。富山地鉄に行く機会があればこのシーンの撮影もいかがでしょうか。

アルプスエキスプレスは 平日2両 休日3両が基本ですので
基本的には、月曜日の午前に3両→2両、金曜日の午後に2両→3両の入換作業があります。
たまに崩れることがあるので、事前に公式ページアテンダントブログで確認すると安心ですね。
03/18|その他の私鉄コメント(0)トラックバック(0)この記事に拍手する
Name
Mail
URL
Text

Password
管理者にだけ表示を許可する
この記事にトラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~