富山地鉄16010形
富山地鉄に行ってきました。


s-CSC_7621.jpg


狙いは西武鉄道を走っていたレッドアローこと16010形
1996年に西武鉄道から3両2編成が譲渡され、2005年には先頭2両で運転できるように改造されました。
その後しばらく中間車は、乗客の多い時期だけ増結されていました。

時は流れて2011年12月、1編成がアルプスエキスプレスとして大幅にリニューアル。
水戸岡鋭治氏のデザインで、車内は飲食販売コーナーが設けられ 木製素材を多用した温かみのある空間を演出 (wikiより)
グッズの販売やアテンダントの乗務など、中間車が大きく注目を浴びるようになりました。


しかし、このアルプスエキスプレスの中間車がおもしくろくて

s-CSC_7765-1.jpg

土日は繋いだ3両編成での運転ですが

s-DSC_7797-1.jpg

平日は2両で運転されているのです。


どちらかというと、普段は2両で走り観光目的の休日に増結している。という形でしょう。
手間のかかる中間車の入れ替えを毎週行っている分、休日しか乗れないという特別感が生まれているように感じます。


今回、休み明けに行われる3両→2両の作業を撮影してきたので、新たな記事で詳しく書きたいと思います。

03/14|その他の私鉄コメント(0)トラックバック(0)この記事に拍手する
Name
Mail
URL
Text

Password
管理者にだけ表示を許可する
この記事にトラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~