11月下旬の撮影から
DSC_7625.jpg

黄色いLトレ登場!

ポケモンとのコラボのために9106Fの先頭にライオンズのラッピングが貼られました。
これはカッコいいと思ったのですが、残念ながら期間が短くなかなか撮影できませんでした。

それでも、個人的一押しの勾配表コラボが撮れたので満足です(笑)

DSC_7923.jpg

11/23、「いずはこね ふれあいフェスタ」が伊豆箱根鉄道の大場車庫で開催されました。

今年は復活するツートン車両が展示されるということで行ってきました。
ビックリしたのは池袋表示。まさかの遊び心でした。運用についたらぜひ撮影に行きたいですね。

DSC_8407.jpg

11/25、4023Fが武蔵丘~小手指で試運転を行いました。
通常の出場試運転であれば、9802ㇾ~9803ㇾなのですが、今回は9802ㇾ~9701ㇾ~9703レでの運転でした。

ちなみに、この前日には降雪があり、残雪の中の運転でした。

DSC_8987.jpg

11/27、上石神井で2403Fの単独入換を撮影することができました。

西武線は本線での分割併合は、4000系を除いて全廃してしまいましたが、
新宿線では平日2-8、休日2-6といった組成を行うため、池袋線に比べると入換が多いようです。

とはいえ、組成の順序によって動いたり動かなかったりするので、なかなか狙うのは難しいですね。

DSC_9099.jpg

11/27、2011Fが小手指に回送されました。
そして29日には横瀬に帰らぬ旅へ。今年度初の旧2000系の廃車車両となりました。

ちなみに2011Fは夕方まで国分寺線で運用をしていました。廃車当日まで走るのは西武のお家芸でしょうかw

……

いよいよ12月ですね。
12/03|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
10月下旬の撮影から
DSC_1702.jpg

10/16、またもや「車掌さん」が出張!

新999ラッピングの20158Fが豊島園で展示されたため、記念撮影に駆り出されていました。

DSC_1726.jpg

デビューイベントに比べると、この日はいい天気でした。

DSC_2033.jpg

9月末に横瀬に回送された2097Fの搬出が行われたのも10月でした。

4ドア車の場合は車体を3分割にする都合上、8両分24個の車体を搬出する必要があります。
翌月には横瀬イベントが迫っているなか、作業が急ピッチで進められている印象でした。

なお、最近は工程の変更があったのか、トラックでの輸送時に車体にカバーをかけるようになりました。
そのため、この姿は作業中か解体場でだけしか見ることが出来ないようです。

DSC_2212.jpg

10/20、池袋発の各停西武秩父行き(小手指行きの季節延長)に2063Fが充当されました。

爽やかな秋晴れだったので、折り返し回送を東吾野~吾野の定番ポイントにて狙いました。凛々しい姿です。

DSC_2543.jpg

10/22、10112Fの試運転が南入曽~本川越で行われました。

NRAで唯一のLED編成ながらシャッタースピードが1/125までしか稼げないタイプ。
なんとか表示を抑えられてホッとしてます。(20158Fも同様なので撮影には苦労しています)

DSC_2557.jpg

ちなみに同日には多摩川線甲種が行われました。

いつもの定番パターンとは違い、小手指→所沢の回送が土曜日の午前中に行われました。
8両3ドアが日中の池袋線を上る……。今後も行われるのであれば是非とも狙ってみたい姿であります。

DSC_2786.jpg

ちなみに、今回の多摩川線甲種は261Fが緊急入場しているなか行われました。

ワンマン車3編成が離脱すると新101系が足りなくなるので、新2000系で代走が行われます。
もちろんワンマン装置は付いていないので車掌の姿も。4000系では代走できないのかなとふと疑問に思いました。


10/22終電後は、一撮影者として睡眠できない日となりましたw

DSC_2595.jpg

の前に小手指へ。

いままで端に停車していた40101Fが移動。9101Fや9108Fなど色物9000系と並んでいて賑やかでした。

DSC_2643.jpg

まずは6110Fの出場。制御機器の変更後ということでしょうか、終電後に行われました。

これまで終電後の出場は踏切で一旦停車というのが定番だったので、その姿を狙うも華麗に通過。
どうやら前に出場した編成の機器のマイナー変更だったようで、踏切での停車は必要ないという判断だったようです。

DSC_2674.jpg

それならばと多摩川線へ。

ついさっき多摩川線にやって来た247Fを用いた試運転が、是政まで3往復行われました。(最後は白糸台止)
甲種の姿で競艇場前に停車するのは、おそらく初めてのことかと思います。

保安装置の試験だったのか一度動いた後にすぐ停車。動画で撮影するべきシチュエーションでした。

DSC_2700.jpg

同日には38106Fの試運転も西武新宿~上石神井で行われました。

沼袋付近の上り線の移設に伴うものだったようで、折り返しは上石神井到着後そのまま営業運転にはいったので驚きました。

DSC_2889.jpg

10/24に32103Fが小手指~玉川上水で回送されました。

まったくの謎です。この時点では4023Fも玉川上水に入場しており、謎が謎を呼ぶ展開となりました。

DSC_2921.jpg

10/26、2503Fの豊島園行き回送。

管区の異常時訓練だったようです。そういえば、2015年の6月にも走っていましたね。

DSC_3043.jpg

10月で一番話題を持っていったのはこれですかねぇ。30101Fのハロウィンラッピング。

側面の大胆さは999ラッピングに勝るとも劣らない?とにかくド派手でした。




11/01|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
7月下旬の撮影から
s-DSC_4041.jpg

7/16、9103Fが武蔵丘を出場し小手指まで回送されました。

この編成は「幸運の赤い電車」という京急車を模した姿となりましたが、
小手指でラッピングするため、出場時は飾り帯や側面扉、そして戸袋窓は塗装されずに出場しました。

s-DSC_4161-2.jpg

土曜日には西武球場前までの臨時列車を運転後、通常編成の9000系と並べて撮影会を実施。

私は撮影会には間に合いませんでしたが、両編成とも準急池袋表示での展示だったようです。

s-DSC_4190.jpg

同日には20152Fの妖怪ウォッチラッピングもお披露目。

こちらも池袋からの臨時急行として運転後、西武球場前で展示イベントが行われました。

s-DSC_4247.jpg

ちなみに9103Fは展示会終了後に所沢まで回送、折り返し5363レから営業運転に入りました。
9000系なのに初営業運転が各停ということに少し驚きました。


妖怪ウォッチラッピングは8月いっぱい、9103Fは当分の間この姿とのことです。
07/31|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
5月下旬の撮影から
DSC_0127.jpg

バラとガーデニングショウに伴い、5/10から16日まで運転された池袋~西武球場前間の臨時特急。

池袋の発車案内は「臨時」をアピールしてました(笑)
というよりシステムの都合でしょうか、「停車駅 所沢」のあと練馬に臨時停車の旨が流れてきました。


DSC_0265-2.jpg

そんなドーム号は全区間臨時の表示なのは、前回記したとおりです。撮影者からするとさみしい。


DSC_0162.jpg

また臨時特急が運転されることにより、期間中の平日池袋では着発線の変更が行われました。

特急ホームが、旅客ホームの奥にある池袋ならではですね。


DSC_0284.jpg

この時期に忘れてはならないのが、平日の準急西武秩父行き。1か月以上にわたり延長運転されていました。

今年からは30000系の充当回数も増えました。
デビュー当時は30000系の2+8が10両固定のように使われていましたが、もう昔の話なんですね。


DSC_1203.jpg

5/24から、20151Fに「ウーマノミクスプロジェクト」ラッピングが施されました。
運転日初日は本川越で出発式を行い西武球場前へ。西武球場前からは通常運用に入りました。

側面は社会で活躍している女性のイラストが側面に描かれています。




  
06/09|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
4月下旬の撮影から
s-DSC_6242-2.jpg

4月15日、武蔵丘に入場していた2011Fが南入曽へ回送されました。

写真を見ると、前3両と後3両で明らかにパンタの色が違うことがお分かりいただけるかと思います。
ネット上で検査の都合だと教えていただきましたが、素人目にはなんとなく不思議な感じです。


s-DSC_7649.jpg

さて今年も芝桜臨が始まりました。
平日は準急、休日は急行が池袋から西武秩父まで直通するのはだいたいいつも通り。

今年からは特急の練馬臨停も加わりました。ちちぶ幕で練馬客扱いはこれまではそうそう見れないものでしたね。


s-DSC_7620.jpg

芝桜臨、それに野球臨が重なると車両運用は複雑に。3000系が普段とは違う運用に入ることもあります。

うまく時刻表を追えば並びを撮影できるかも…?
05/01|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~