12月の撮影から
今月はあんまり出かけませんでした。駆け込み撮影?




12/22

DSC_6856.jpg

27日でぐでたまがラストになるので、通常運用らしい姿を撮影

DSC_6824.jpg

闇を切り裂く怠い顔

DSC_6875.jpg

鉄コン団臨もありました。池袋着線4番(7番ホーム) 

数日前に8両編成の停止位置が所沢方に変更されました。Laviewによる特急ホーム延長に伴う信号設備の都合ですね。


12/23

唐突にLaview試運転が行われた日曜日

DSC_6935_201812311519563f6.jpg

52席の臨時列車が池袋~西武遊園地~西武新宿で運転されました。

このあたりで263Fと並ぶと予想したのですが大外れ。しかも、西武線アプリにLaviewが表示されショック倍増でした。

DSC_6999.jpg

清瀬に移動してぐでたま臨時。西武線アプリで見れるので安心して待つことが出来ました。

DSC_7042.jpg

引退近い9108Fとの並び

DSC_7073.jpg

出発。良い構図ですね。


12/28

冬光線の朝ラッシュを撮りたくて、夜明け前から所沢カーブへ

DSC_7368.jpg

8時頃、ようやく影が抜けたタイミングで9104Fの快速急行がやってきてくれました。

DSC_7402.jpg

6分後には9105Fの通勤急行

DSC_7444.jpg

その12分後には9108Fの通勤急行

DSC_7495.jpg

さらに40分後に9103Fもやって来て、9000系3色を揃えることが出来ました。


移動して清瀬~秋津のストレートへ

DSC_7529.jpg

普通の編成写真より面白い感じになったかな

DSC_7604.jpg

やって来ましたLaview試運転

この前日に秩父線試運転があったので、2日連続で行われることに期待していたので大当たりでした。

DSC_7647_00001.jpg

ということで、先行して東吾野カーブ。屋根が綺麗なうちにここで抑えられて良かったです。

DSC_7756_00001.jpg

ダイヤが寝ていたので、折り返しは余裕を持って横瀬。背景の工場が良いですね。

撮影後、滑落しました。気を抜いてはいけません。

DSC_7860_00001.jpg

飯能で折り返した試運転は再び西武秩父へ

DSC_7979.jpg

西武秩父到着後は横瀬に回送されたのちに小手指へ。

東吾野でお迎えしました。闇に浮かぶ宇宙船って感じですね。




2018年の撮り納めはLaviewでした。来年もよろしくお願い致します。



12/31|撮影記-月末コメント(0)この記事に拍手する
11月の撮影から
11/18

DSC_4057.jpg

西武線を見ながらお酒を飲むイベントへ

DSC_4139.jpg

解体まちの9101F(貫通扉なし)と、風化でカバーが外れたと思われるE851、それに挟まれた3011F

DSC_4068.jpg

反対側に回るとE31も姿が見えました。

DSC_4087.jpg

車内には提灯

DSC_4080.jpg

窓を開けるとE31と3011F

DSC_4193.jpg
DSC_4196.jpg

構内にはD16.連結器のアダプターが載っていました。

DSC_4167.jpg

横瀬駅を普段と違う角度から

DSC_4217.jpg

帰路に就く途中に稲荷山公園で4000急行

DSC_4241.jpg
DSC_4246.jpg

ちょっと思い出して仏子でNRA並びを

DSC_4322.jpg
DSC_4333.jpg

ぐでたまと999の並びを狙って帰宅しました。


11/24

DSC_4398.jpg

Twitterで見た上長瀞の鉄橋へ

DSC_4423.jpg

紅葉にはまだ早かったですね。

DSC_4500.jpg

沈みゆく太陽に雲がかからなかったのはラッキーでした。

DSC_4541.jpg

長瀞発着の西武4000系は日中秩父駅に留置されるので、回送を含めて4回撮れました。

DSC_4751_20181208181837f35.jpg

乗り入れ化の流れを感じる看板を見て帰宅しました。


12/08|撮影記-月末コメント(0)この記事に拍手する
10月の撮影から
10/1

この時期が一番綺麗に撮れる中村橋へ

DSC_8735_00001.jpg

なんらかの理由でダイヤが乱れており、メトロ10000系が池袋へ

DSC_8955_00001.jpg

7000系も入りました。西武線アプリによると各停池袋だったようで、折り返しは回送でした。

DSC_8946_00001_01.jpg

合間には2403Fの前パン。かっこいいですねぇ。


10/2

翌日も天気が良かったので

DSC_9045.jpg

拝島線50周年HM

前回の拝島ライナーに続き良いデザインだと思います。

DSC_9255_00001.jpg

この日の2403Fは、下りNRAの回送に被られる事案

DSC_9314.jpg

ぐでたま~


10/4

DSC_9373.jpg

2529F出場


10/6

DSC_9478_00001.jpg

数日前に出場した6151Fの小手指仏子3往復試運転


10/8

DSC_9819.jpg

この日も小手指仏子試運転

制御機器が変わったからでしょうか。念入りに行っていた印象です。


10/10

晴れたり曇ったり

DSC_9913.jpg

1259F出場。赤電2本目になりました。

DSC_9924.jpg

曇りで悔しかったので新宿線へ。


10/12

DSC_0064.jpg

32102Fが小手指の奥でデジタル無線化工事中でした。

新2000系と比べると貫通扉が開いてなくて面白くないのかも・

DSC_0153.jpg

2419F出場

DSC_0323.jpg

このところ運用から離脱してる38118Fの試運転もありました。


10/14

DSC_1170.jpg

6105Fが武蔵小杉行きに入るということで保谷へ

DSC_1161.jpg

前面ガラスの差が分かりますね。


10/15

DSC_1382_00001.jpg

2529Fの試運転が、南入曽~本川越で行われました。(9751レ~9752レ)


10/19

DSC_1553.jpg

30106Fの試運転(9777レ~9778レ)


10/20

DSC_1879.jpg


多摩川線甲種がありましたが、メトナナの快速球場が最大の収穫に


10/21

DSC_2011.jpg

この日も微妙な狙いで、スナップが最大の収穫になってしまいました。


10/22

平日鉄が出来なくなりそうなので、ウロウロと

DSC_2088.jpg

赤らっき通急

影へのラストチャンス

DSC_2167.jpg

2403F急行

DSC_2203.jpg

入場

DSC_2290.jpg

もう一発

DSC_2373.jpg

訓練


10/26

DSC_2440.jpg

訓練

DSC_2952.jpg

状態確認


10/28

DSC_3027.jpg
DSC_3161.jpg

甲種

DSC_3284.jpg

被り


以上!



11/11|撮影記-月末コメント(0)この記事に拍手する
2018.10.13撮影記 ~30000系逆組成~
久しぶりに池袋線で珍編成が走りました。

30000系の前パン封じ込め編成です。


……


西武鉄道の中で、新2000系と30000系に存在する増結用の2連
飯能・西武新宿側はパンタが2丁載る、いわゆる「前パン」という格好で人気があります。

pict-DSC_3625.jpg

参考)前パンになる増結用の2連と8連(黄色)の連結


池袋線と新宿線でルールが変わるのですが、池袋線では2連は必ず飯能側に連結されます。(除く2+2)
中間に封じ込められる運転台(=定員が減る)を混雑する池袋側に持っていきたくないのでしょうか。

正確なことはわかりませんが、ここ20年間で2連が池袋側に連結された例は
2009年の武蔵丘行き臨時列車に充当された38105F+32103F
2016.10.17の2087F+2459F、2017年1月に新宿線から貸し出された2055F+2413Fの3例だけだと思われます。
2009年の武蔵丘行きは臨時列車かつ西武新宿発だったため
池袋の車止めと2両が向き合ったのは、新2000系列の2例だけということになります。

ちなみに、20年以上前の3ドア全盛期は、2両の連結位置が池袋側のことも(もしくはそっちが多かった?)あったようで
その辺りのルールは、車両運用や駅の配線、会社の考え方など時代によって変わっていくようです。


・・・といった前提が頭にあるため、10/12夜にこのツイートを見たときには驚きました。





※珍しく中パンです




!!!


超、珍しい!!!




唐突に表れた30000系の中パン

中パンとは、2両編成のパンタ車と別編成の先頭車が連結した状態のことを指します。
新宿線ではこの組成も多いのですが現在30000系の2両編成は新宿線にいないので、2000系列限定の姿になっています。
2012年頃は32105F、32106Fが新宿線に所属していたため日常的にこの姿を見れたものですが
いつの間にか池袋線に転属したため、30000系の中パンはとんと久しぶり。(4年以上経つのかな・・・?)
そのため、30000系の2+8の組成=前パンという印象が完全についていて、今回の編成は「逆組成」と呼ばれることも……

さらに、当日は池袋線で人身事故が発生。帰宅ラッシュに直撃しました。
その影響で運転再開後は輸送力維持のために、活発な運用変更が行われました。その結果・・・




30000系逆組成
練馬に停車している急行
急行小手指行き

・・・満貫!


こんな感じで多くの人がこの珍編成を目撃しTwitterに投稿、それを羨ましく見ている自分




数多くの目撃はこのツイートで終わっていました。
投稿時間=目撃時間かは不明ですが、上り線の発車案内が1本しか表示してないことから23時以降でしょう。
突発的な逆組成、小手指入庫なら容易に分割できそうです。翌日は土曜日で10両の必要本数が減りますし。
しかし、時間は深夜。切り離しに関わる方々は帰られているかも。
ということは、もしかしたらもしかするかも・・・?翌日に期待して就寝しました。


10/13(土)

本当なら早朝から沿線への張り込み、もしくは西武線アプリを見ている予定だったのですが起きたのは8時過ぎ
早速、Twitterで検索するも目撃は無し。
崩されて当然だとは思いつつ、崩されたという報告もなく・・・

とりあえず、出かけてみよう。
東急車8連快急や、連日行われている6151F試運転など撮りたいものがありました。




所沢駅に着いたのは10時前
意外と8連快急ぎりぎりになってしまいましたが、小手指まで先行する10:02発の列車には乗り継げそうです。

と、その前に10両運用を確認。ここに来るまでも目撃は無いので、このあと出庫する運用に期待です。

 ・小手指09:56発の準急池袋 (所沢10:04発)
 ・小手指18:29発の準急池袋

以降も何本か出庫運用のようですが、まぁ次来る準急池袋以外はチャンスはないでしょう。
そううまくいくわけないと思いつつ、10:02発の下り列車の前に来るようなのでホームで待ちます。


DSC_0356.jpg

あー、一応30000か・・・


DSC_0360.jpg

32205!

逆組成キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんということでしょう。2連を池袋側につなげた30000系が目の前にやって来ました。
新宿線でほとんど見ていなかっただけに、初めて見たような感情に浸りました。
逆組成の登場により、この日の動きはこの編成を中心にすることに決定です。

ちなみに、(←飯)38110F+32105F(池→) でした。

DSC_0365.jpg

中パン + 9号車表示。今回の逆組成を端的に表しています。
そして女性専用車。この存在のために、逆組成は特に平日のラッシュ時には走らせにくそうです。
まぁ逆組成にするメリットもなさそうですしね。

DSC_0406.jpg

車内からもこの編成を堪能します。32105が他の先頭車とつながっています!


準急池袋なので、ひばりヶ丘で急行の待ち合わせ。そちらに乗車して石神井公園へ先行

DSC_0383.jpg

折り返しまちのメトロ10000系との並び
側面がちに撮れるところなので、連結面のスカートが少しだけ存在をアピール(笑)

折り返しは追っかけの効かない急行飯能なので一発勝負です。





中村橋


DSC_0442_20181014181239bb4.jpg

どこで撮ろうか迷いました。
1/320以上には上げられないLEDということを考えると、カーブでの撮影が望ましい。
プラス、前回の30000系の逆組成(武蔵丘臨)は所沢以西での運転。なら、池袋入線が分かりやすいほうが良い。
でも、カーブの角度を見誤ると、せっかくの連結面を顔で隠してしまう可能性・・・
そして、メインを飯能行きの折り返しである急行池袋に据えたので、そちらの場所取りもしたい。

さんざん考えた末が直線区間の中村橋。ここなら、池袋発ということが分かりやすいです。

DSC_0464.jpg

そして通過。緩行線の新2000系と並走でした。
肝心の32205の顔と連結面が見えたのでセーフ。危ないところでした。

さて、折り返しをこの場所で待ちます。飯能まで行って帰ってくるまで2時間くらい・・・?
有名撮影地なので場所取りには妥当な時間でしょう。列車本数も多い区間なので楽しめそうです。

DSC_0469.jpg

早速、並走の気配

DSC_0480.jpg

6151Fの80M試運転!

そういえば、これも狙いの一つでした。
10/3に武蔵丘を出場、6日8日に小手指~仏子で試運転、そして今週に入っては地下直試運転を繰り返し・・・
機器更新がされたとのことで、その関連でしょうか。

DSC_0504.jpg

飯能側のクハは、床下機器から車内へコードの引き込みを確認
機器になんの知識もない自分にとって、この姿をどう目立たせるかが大切です。

DSC_0509.jpg

9108F Lトレ急行

この編成は今年度限りで落ちることが公表されていますね。

DSC_0519.jpg

40103F

フルカラーLEDなのに、シャッタースピードが1/125以下じゃないと写らない曲者
曇りの日はなるべく低速シャッターで行き先を写すようにします。結局、ブレた写真が量産されますが。
妥協して1/320で撮ると運番だけ綺麗に見えますw 種類が違うんでしょうね。行き先と入れ替えてほしいです。

DSC_0532.jpg

F快急と各停池袋行き

この構図が一番バランスが良いと思います。日中はF快急と各停の場合のみ成立するようです。
西武車同士の並びは朝ラッシュが良いのでしょう。

DSC_0552.jpg

9103F 赤らっき急行

京急のイエローハッピートレインが西武と似ているというところから発生したコラボ
向こうは工数削減かドアの銀ラッピングがなくなって西武っぽさが消えてしまいましたが
こちらは前面のエコマークがなくなったので、より京急っぽくなっています。

DSC_0578_20181014181254853.jpg

プラチナ特急

いまいち趣旨が分かりません(笑)

DSC_0599.jpg

F快急と各停池袋

30分前より、並走してきました。

DSC_0596.jpg

が、このタイミングは被りと紙一重。

各停が動いても急行線の列車はこの位置で、捲くってくる感じですからね。心臓に悪い。

DSC_0632.jpg

メトロ10000系と東急5050系

乗り入れ車の並びって、よく考えると不思議な感じがしますね。
緩行線の輸送は直通列車が大きなウェイトを占めていますが、練馬の配線が見合ってないのは少し残念・・・
とはいえ、これ以上西武池袋行きの優等列車を減らされても困ります。

DSC_0663_2018101418115208d.jpg

反射した6000系。右側通行ならこんなデザインだったのかな。パラレルワールド

DSC_0668.jpg

9102F 準急池袋

Lトレと京急に続いて、黄色い9000系も走っていました。
ベンチレータ非撤去、エコマークなしと原型に近い姿が良いですね。

DSC_0679_20181014181153d2c.jpg

F快急と各停池袋
30分に1回の並びを3回。ヒカリエ&綺麗な並走!大満足です。

そんなこんなで、楽しかった待ち時間も各停新木場行きの到着で終わりを告げました。
新木場行きが抜けたことで、被りの心配がなくなりあとは通過を待つだけ……

pict-DSC_0711_00001_01.jpg

帰ってきました逆組成!

イメージ通りに切り取れました。良かった!

DSC_0626.jpg

こちらは同日撮影の32103F+38111Fの10両編成

本来は2連が飯能側に連結されるので、このような形になります。パンタの位置が大きく変わりますね。


これで中村橋での撮影は終了!

逆組成の折り返しを狙うことにします。
さて、これをどこで撮るかも悩みどころですが、中村橋で満足したので気楽な感じで次の場所へ。





富士見台


DSC_0745.jpg

下り列車に乗車してすぐに下車

富士見台のインカーブで逆組成をあと打ちします。

DSC_0761.jpg

F快急と各停はホーム上で並び

DSC_0781.jpg

6105Fの新木場行き

ここのカーブは綺麗に撮れますねぇ

DSC_0798_00001.jpg

そして通過。カーブのおかげで連結面が際立った気がします。





DSC_0834.jpg

せっかくなので、ひばりが丘まで追っかけ。しつこく逆組成を撮影しました。

本当はまだまだ撮影したかったのですが、実はこの準急所沢行きは所沢から回送で小手指入庫の運用
次に撮れるのは早くて夜の出庫……


ですが、恐れていたことが







ですよねー


休日だし、昼だし、逆組成を開放するには適していますよね。

というわけで、突発的に発生した30000系逆組成は2日間で見納めとなってしまいました。



・・・楽しかった!







それはそれとして、撮影は続けます。

DSC_0894.jpg

保谷1号踏切

DSC_0864.jpg

27番線に999。3011Fの時に何度も見ていたおなじみの光景です。

あの時とは運用が変わってしまい昼過ぎに出庫はしないのですが、懐かしい姿には変わりません。

DSC_0926.jpg

歩いて保谷カーブへ

DSC_0920.jpg

上りも下りも様々な構図で撮れる素敵な撮影地です。

上りは首振りで撮るのがお気に入り

DSC_0987.jpg

6151F試運転の折り返しまで時間があったので、普段はやらない絞り開放での撮影なんぞ

フワッと浮き上がる感じが良いですね。ピントの域がシビアなのでなかなかできませんが。

DSC_1009_00001.jpg

試運転通過
80Mという運番で西武線内に様々なスジがあるようで、時間を読むのが難しかったです。

クハから延びるピンクのテープはあまり目立たず。

DSC_1027.jpg

振り返って

DSC_1035_00001.jpg

9103Fが帰ってきました。

実は80M試運転はもっと後だろうと予想しており
こっちの撮影する気満々だったので、背後から来た試運転にはたいそう驚きました。





保谷カーブでの撮影も無事に終了し、保谷駅に戻ります。

DSC_1061.jpg

駅に戻る途中で再びヒカリエ号に遭遇。狙ってもいないのに、ここまで同じ列車を撮る経験はあまりありませんw


……


金曜夜の突発的な30000系逆組成
一度は撮り逃したものの、土曜日に絶妙なタイミングで出庫
試運転や色物な列車が多数走っていて、充実した撮影となりました。

久しぶりに、これはしっかりと記事に残したいと思い写真マシマシでお送りいたしました。


最後までご覧いただきありがとうございました!




10/14|特集記事コメント(0)この記事に拍手する
9月の撮影から(後編)
後編では2000系列の特集です。前編はこちら




9/1

DSC_4784_201810031132083ad.jpg

2453F+2411F+2527Fの2+2+4編成が久しぶりに走りました!

この数日前に2411F+2527Fが小手指に回送されたのですが、輪削のためだったようですぐ新宿線に帰還
ひそかに池袋線での運用を期待してたので残念だったのですが、まさかの出庫でした。

この列車の目撃が上がったのは、twitterより西武新宿線運用情報サイトが先だったので
最近twitterだけでやっていた情報収集を見直すべきだなと感じました。

DSC_5019.jpg

GMの箱絵的な構図で。前パンを抜きたいし、編成に架線柱をかけたくないしで絶妙な構図

新2000+2000+新2000・菱パン+シンパ+菱パンの良い編成ですね。

DSC_5043_00001.jpg

特急で追い上げて、一駅戻って下落合のカーブ

一日限定の姿だと予想して必死に追いかけました。このあと折り返しで南入曽入庫
翌朝も編成はそのままだったのですが、昼頃の目撃で崩されているのが確認されました。


9/5

DSC_5533_00001.jpg

2501F出場。特に大きな変化はなかったように見えました。


9/17

DSC_6641.jpg

20158F追っかけのついでに、ネットで見て気になっていた東吾野~吾野へ

299からも見える東屋からの撮影でした。


9/20

DSC_7171.jpg

2529F入場

DSC_7201.jpg

2051F出場。シングルアームパンタに換装されての出場でした。
6連幕車のシンパ。また新しい姿が生まれましたね。前面小窓はこの編成だけなので、菱パンの姿は見納めに。

なお、当日は人身事故の影響で小手指打ち切り。9806レで新宿線に戻った模様です。


9/26

DSC_7775.jpg

2419F入場

やっぱり、2連単独の姿は良いですねぇ。


そしてそして、2018年9月最大の話題は2461Fでしょう。




Twitterで2461Fに何らかの動きがあることが伝えられたのが9/5(おそらくこれが最初)
貫通扉が開けられて種別幕が外されてる。そして、列車無線アンテナの形が変わってる・・・?

早速確認に向かいました。

DSC_5600.jpg

9/7
ツイートとほぼ同じような状態の2461Fを確認。運転席側の窓の紙に列車無線工事の文字が読めました。

制御機器等への見識は無いので、単純に貫通扉が開いた状態が撮れてラッキーって感じですw

DSC_5729.jpg

9/10
工事はまだまだ行われている模様。こちらから見ると、パンタが上がらないように繋がれているのが分かります。

隣にも2連が留置されていました。幕は撮影者向けかな(笑)


DSC_6031.jpg

9/11 この日は動きなし。工事は終了したようでした。

DSC_6935.jpg

9/18
いざ本線試運転(9701レ~9702レ・9705レ~9706レ)

この後試運転幕で留置されてる2461Fの後ろに8連が停車。すわ10連試運転かと思いましたが実現せず……

DSC_7971.jpg

9/26
本線試運転後、音沙汰がなかったのですがこの日再びの試運転(9701レ~9702レ・9705レ~9706レ)
この日は先述の2419F出場もあり、単独2連を5回も撮れる撮影日和でした。

翌日、2071Fとの組んで運用に復帰しているのが確認。一連の流れは落ち着いたようです。



これを見た感じ、他の車両にも波及するのでしょうか。
仮に西武線の全編成にこの工事を行うとしたら、かなりの大規模になるのではと、いらぬ心配をしてしまいます。

とはいえ、すでに小手指で32101Fも同じように列車無線アンテナが交換されているようです。
これからの動きに注目ですね。







10/03|撮影記-月末コメント(0)この記事に拍手する
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~