2017年お盆休みの撮影記
11日から16日まで頂いたお盆休み
どこかに旅行しようとも思いましたが、帰省ラッシュと被るので西武線の気になるところを巡りました。




・8/11(金)
祝日。連休突入日ということで浮かれつつ午後からお出かけ。
Twitterを見ると、新宿線で2541F+2529F+2453Fが走っているようなので南大塚へ。

DSC_1657.jpg

しかし、待てど暮らせど4-4-2はやって来ません。
おかしいなと改めて調べると、どうやら投稿者が平日と休日の列番を間違えて投稿したようで、
実際には1時間以上前に通過したようでした。
投稿時刻より後の時間の列車だったので、ちゃんと見ていれば気づけたのですが残念賞。

DSC_1892.jpg

ということで、日も暮れた時間にリベンジしましたが分かりづらい…!
まぁ、次があると思うのでその時に狙えればいいなと思っています。

ちなみに、この時間をどうしていたかというと……

DSC_1833.jpg

出場したての2063Fによる快速急行を撮影していました。
この前日に出場した2063Fは、その日のうちに保谷停泊の運用へ。武蔵丘入庫を経てこの運用に入ったようです。

綺麗なパンタがトワイライトな空気に映えますね。


・8/12(土)

前から気になっていた2面3線に変更された沼袋へ。

DSC_1952.jpg

ダイヤ改正から2面3線で使用されるようになりました。

上りが追い抜きを行うときは、上りの急行が中線を通過しますが……

DSC_2204.jpg

下りが追い抜きを行う場合は、中線を下りに譲って上りの急行はホーム側を通過します。

この場合は、通過する優等列車が上下ともに分岐側を走るので不思議な感じ。

DSC_2015.jpg

やっぱり、黄色が落ち着きます。


・8/13(日)

DSC_2407_20170813202716615.jpg

この日も沼袋へ。夏休み期間中ということで急行遊園地行きが走っていました。

2日連続で沼袋に来た理由は、前日に撮り逃したシーンに気が付いたんですよね。それが……

DSC_2475.jpg
DSC_2481.jpg
DSC_2486.jpg

「下り特急の中線通過」です。

というのも、この下り特急が2面3線の駅で分岐側に渡って中線を静かに通過していくっていうのが
昔どこかで読んだ、おくちちぶ号が走っていたころの井荻駅の描写に合致するんですよね。

まだ西武新宿からおくちちぶが走っていたころ、井荻で前の列車を追い抜いたらしいです。
今では井荻は上り専用の追い抜き駅のイメージですが、当時は下りの追い抜きもあったようです。全て伝聞です。
正確に言えば、当時の井荻は島式ホームだったので今とは趣が異なるようですが。
もしかしたら、当時は島式だった上り本線に下り列車を入れて退避していたのかも。まぁ、気にしません。
ちなみに、今でも信号設備的には下りも追い抜きが出来ます。速度制限がえげつないですけど。

そんな、印象に残っている文章と被って、沼袋に2日連続で足を運んだわけです。

この後は、京王百貨店で行なわれていた鉄道フェスを見つつ、池袋線へ。

DSC_2559.jpg

出場したのにベンチレータが残置されている9102Fや

DSC_2568.jpg

スナックワールドのHMがつけられたと思ったら、いつの間にか池袋線に移動してた20106Fを追っかけました。


・8/14(月)

平日ダイヤ。久しぶりに観察できるということで、この日も早朝からお出かけ。
いつでも出かけられたころには早起きなんてできなかったのに、自分でも現金なものだと思います(笑)

pict-DSC_2759.jpg

3月末の改正で最も気になっていたのが、この急行田無行き。平日の朝に2本だけ運転されます。

ちなみに、2本とも田無以遠の急行にべったりくっついて運転されます。
本当なら回送でも良いところを、西武新宿での降車確認を省くために設定されているのでしょうか。

pict-DSC_2811.jpg

急行玉川上水行き。なんとなくダイヤ乱れ時のイメージですが、こちらも定期列車で設定されています。

数年前なら、拝島線への優等は急行拝島だけでしたが
今では、急行拝島に加え急行玉川上水、準急拝島、準急玉川上水と多種多様になっています。

pict-DSC_2820.jpg

準急の並び。新宿線の準急はラッシュ時だけの存在ですね。

準急本川越、準急田無のほかに準急新所沢行きなんてのもあります。新宿線を撮るなら平日朝ですね。

pict-DSC_2866.jpg

10両編成の各停小平行き。ラッキーなことに台湾ラッピングの2007Fが充当されました。

ちなみにこの列車、小平到着後は一旦田無まで上ってから回送玉川上水で入庫します。複雑。

pict-DSC_2734.jpg

移動中に見ることが出来た6702号車の旧幕。丸い字体とForの文字が懐かしいですね。

どうやら、運用をたどっていくとどちらも玉川上水で昼寝する模様。ということで……

pict-DSC_3152.jpg

やっぱり並んでいました。銀顔の6000系は2本しかいないので、狙えるときに狙っておきたいものです。

pict-DSC_3232.jpg

さらに欲張って基地の東側からも。このあと、回送小平→各停拝島→急行西武新宿と流れます。

ちなみに、この日はS-TRAIN初乗車を目論んでいたのですが、こちらの並びを優先させたために乗車せず。払い戻し。


・8/15(火)

前日に撮りこぼした運用を狙おうくらいの気楽な気持ちで。相変わらず天気が悪い。

pict-DSC_3253.jpg

40000系定番運用の通準池袋。着席定員が少なめな40000系ですので、ラッシュ時の投入は少々意外でした。

pict-DSC_3321.jpg

通急西武新宿行きの6000系。暗い車体に黄色い幕が良いアクセントになっていますね。

やっぱり4文字+4文字ってバランスが良いなと、快急西武秩父や快急西武新宿、拝島快速がなくなってから思います。

pict-DSC_3425.jpg

257Fの出場もありました。




このような感じで休み期間を活用していろいろと撮影できました。
特に銀顔6000系の様々な運用を撮影できたのが印象的です。

さて、来週は南入曽イベント。どのようになるのか楽しみですね。
08/16|特集記事コメント(0)この記事に拍手する
7月30日の撮影記
久しぶりにあっちへこっちへ

……

DSC_1261.jpg

まずは流馬号さよなら運転

一般的にさよなら運転というと車両の引退ですが、今回はカラーリングのみの引退
今回の検査で塗り替えられるので、この水色の車体は今回で見納めのようです。

「流」山と「馬」橋で流馬号、なんで無くなるんでしょう。近江鉄道と被るのが気になったのかな?

pict-DSC_1378.jpg

ちなみに、流馬の装飾が素晴らしいのは見ての通りですが、流星号にも特製HMが取り付けられました。


pict-DSC_1430.jpg

一気に移動して、元住吉衝突事故当該の5155Fの様子を確認。このまま解体されそうな雰囲気でした。


pict-DSC_1449.jpg

またもや移動。4015Fの臨時回送。小平の上り本線→Y線を動きを初めて見ました。

pict-DSC_1498.jpg

萩山に先行して101系ワンマン車との並び。263Fの登場は望外でしたw

pict-DSC_1539.jpg

東村山の変化に驚きつつ…

pict-DSC_1581.jpg

10112Fをさらっと流して終了。充実した一日でした。


07/30|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
上信電鉄100形解体
2017年の5月から6月にかけて、高崎駅に留置されていた上信電鉄103Fが解体されました。

上信103形とは100形の第3編成のことであり、上信100形をざっとまとめると
・元西武の451系
・1980年に3編成6両が譲渡
・1984年に踏切事故で1編成が廃車
・1985年に不足分を補うために1編成が追加導入
 (なお、その時点で451系のほとんどが解体されていて、残っていた601系と組み合わせて譲渡された)
・1990年代に全編成が廃車

そんな経緯のなか、103Fは唯一解体されずに高崎駅構内で倉庫として使われていました。
長年留置されていたために外装はボロボロ。
このまま解体されるのかと思いきや、2012年に再塗装が実施され紺色の帯を纏った姿に変貌しました。
富岡製糸場への観光客が増えていた時期でもあり、運用復帰を期待していましたが、
残念ながら、この度解体されることとなってしまいました。




DSC_9281.jpg

個人的なイメージは2012年の再塗装後のこの姿。JRで高崎に着く直前に左側に止まってるイメージでした。


5月半ば、Twitterで103Fに自連アダプタが付けられたことを知る = 解体のための移動かと推測
数日後、バス留置場の横に移動されたことを知る = 解体がほぼ確定

ということで、居ても立っても居られませんでした。


2017.05.28

DSC_3582.jpg

いましたいました。
この時点では移動されただけで解体作業は行われていない様子。

塗装が違っても「西武らしい」このお顔!

DSC_3593.jpg

なんとなくズームすると、手羽止めにはデキの文字が。何故?
この時点ではそこまでの興味はなく、これらの記録で撤収しました。

この後もちょくちょくTwitterを見ていると、編成を切り離しクハの解体作業が始まったとの情報が。
ということで、また行っちゃいましたw


2017.06.03

DSC_4219.jpg

武蔵丘イベントのその足で高崎へ。
待っていたのは様々なパーツを取られて悲しげな姿でした。

DSC_4201.jpg

側面を見ると、真ん中で切断されドラム缶で支えられていることが分かります。

DSC_4218.jpg

クハと、その相方のクモハの位置関係。
クモハの方はまだ解体作業は始まっておらず、中の荷物もそのままといった雰囲気でした。

数日後には搬出かと思いつつ撤退したところ、この日の夜に行われたことを後からTwitterで知りました。
よく考えたら隣の敷地がバスの留置場所であるがゆえ、バスが営業所に戻る夜間に搬出作業をするのですね……

あまりに悔しくて悔しくて……


2017.06.10

DSC_4513.jpg

三度高崎へ。クハクモハの違いこそあれど、先週と寸分違わぬ光景に「これは来る・・・」

DSC_4525.jpg

ちなみにバスとの位置関係はこんな感じ。
これはバスが出発するために動いているので最接近していますが、こんな狭小なスペースなんです。

DSC_4577.jpg

19:30 投光器が灯されいよいよ作業開始

DSC_4640.jpg

クレーン車が自走でやって来ました。

DSC_4653.jpg

慎重に持ち上げて……

DSC_4683.jpg

地面に置かれました。

効率的には、搬出用のトラックに直接載せればと思いましたが、そうもいかないのでしょうか。

DSC_4690.jpg

その隙に台車をゴロゴロっと
動き出しは重たそうで、一度動いちゃうと止めるのが大変そうってイメージでした。

しばらくすると、再び車両が持ち上げられたので、そろそろかと思っていると…

DSC_4707.jpg

20:27 搬出用のトラックがやって来ました。

道幅が狭いのでバックで。

DSC_4724.jpg

慎重に車両の下に荷台を潜らせます。

DSC_4749.jpg

緊締装置の取り付けも終わり準備完了!

DSC_4751.jpg

20:41 いよいよ出発。

DSC_4755.jpg

荷が長いので、対向車線の通行を一度止めて一気に曲がっていきます。

DSC_4765.jpg

後続車のヘッドライトに照らされて、特徴的な手すりが浮かび上がりました。

DSC_4769.jpg

すぐに前半分の搬出準備が行われます。

まずは、停止位置の関係で架線柱にかかっていたので、クレーンで引っかけてずらす作業。

DSC_4784.jpg

上信103形、最後の線路上の走行でしょう。

DSC_4819.jpg

吊り上げ~

後輩に見守られていますね。

DSC_4849_20170715232424492.jpg

トラックにらいどん!

DSC_4896.jpg

21:11 出発。先に出た後ろ半分を追いかけるように去っていきました。

DSC_4933.jpg

最後に残された台車を積んで作業終了。





最後の瞬間を見届けられて良かったです。このあとは115系を見て帰宅いたしました。



07/16|特集記事コメント(0)この記事に拍手する
6月17日の撮影記
西武線に揺られてうろちょろと



DSC_0094.jpg

まずは玉川上水の車庫沿いへ

ネットはたまに見かける構図ですが実際に来たのは初めてのような

DSC_0102.jpg

この日の目的は4003Fの出場?回送
貴重な4000系の拝島線走行を狙おうとしたとき、一番最初に思いついたのがここでした。

ところで、なんの改造が施されたのでしょうか。
以前、なにかの検知器が取り付けられたというのを見たような…。うろ覚えの記憶。

DSC_0147.jpg

続いて南大塚付近へ

DSC_0133.jpg

やって来たのは2419Fの試運転。南入曽~本川越間で一往復行われたようです。

なかなか2連単独の姿は見ることが出来ないですよね。
トコトコ走るイメージでしたが、まさかの爆走でした(笑)

DSC_0170.jpg

所沢で乗り換えて池袋方面へ。
ふと、ひばりヶ丘で隣を見ると9000系のエコマークなし車が並んでいました。

軽くラッキーと思っていたのですが、この時点でエコマーク付きの黄色い9000系は9102Fだけでした。

DSC_0173.jpg

と聞くと、9102Fが撮りたくなる不思議。
ちょうどいい時間に中村橋を通過するようなので移動することにしました。

途中の石神井公園ではY500のHM付き車が停車中。Y500ってなにかしらの装飾をしているイメージですw

DSC_0195.jpg

お目当ての9102Fの準急飯能

良い光線の中通過していきました。
06/22|撮影記-下旬コメント(0)この記事に拍手する
6月3日の撮影記
今年も武蔵丘でイベントが開催されました。

2年ぶりに参加したのでつらつらと。



DSC_3631.jpg

まずは往路の臨時列車から。
池袋発と所沢発の臨時、元町中華街からの定期列車の延長と3本の武蔵丘行きが設定されました。
行き先LEDに「武蔵丘」のデータはあるようですが、実際の駅ではないので臨時表示なのは例年通りです。

池袋発と所沢発の臨時は、どちらも30000系の10両貫通編成が充当されました。
30103Fの快急飯能は史上初だと思いますが、残念ながら既に飯能手前で臨時表示に切り替わっていました。

DSC_3693.jpg

こちらが元町中華街発快急小手指行きの延長列車。
運番付きの臨時表示が、地下鉄発であることを静かにアピールしてますw

DSC_3743.jpg

こちらは、武蔵丘とは関係なく鉄コン列車。同じく臨時表示で通過していきました。

以前は「特急 電車フェスタ号」ってありましたよね。
特製のヘッドマークが掲げられていたのが印象に残っています。またやらないかな。

DSC_4134.jpg

さらに、飯能~高麗間のピストン列車の設定されました。

会場から高麗駅までの限定開放された通路で撮影。高麗行きの順光写真が撮れたのは嬉しかったです。

DSC_4099.jpg

飯能と会場を結ぶシャトルバスは、気合の入ったLED表示でした。

新101系のイラストが良い感じ。来年は何の車両になるでしょうね(笑)



DSC_3853.jpg

会場内へ。武蔵丘の公開では珍しく、旧2000系が展示されました。

DSC_3804.jpg

物販の阪急・阪神とのコラボも


DSC_3878.jpg

6000系は貫通扉を通り抜ける体験をやっていました。

是非とも!と思いつつ、長い列をみて諦め。印象的な写真を撮る方に専念していました(笑)

DSC_3837.jpg

工場内では引きが取りにくいので魚眼があると便利です。

DSC_3940.jpg

6000系先頭車の渡り板は非対称の不思議な形。

なんでこんな形なんでしょ?

DSC_3979.jpg

モーターのアマチュア脱着作業。解説されていた方いわく、初の試みだとか。

なんとなく印象的な見学でした。移動の際は東西南北で指示するとか非日常的・・・



やっぱり、西武のイベントは楽しい。次は何に参加できるかなー
06/21|撮影記-上旬コメント(0)この記事に拍手する
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
6/1~